トピックス(各写真はクリックで別ウインドウに拡大表示されます)


千曲市で講演「日本遺産を生かした地域活性化」 NEW

 日 時 2021年3年2月22日月曜日13時~
 場 所 千曲市総合観光会館2階
 
千曲市の姨捨棚田が日本遺産に認定されたのを機に、観光ガイド養成講座が行われています。その一環でお話いたしました。姨捨棚田は国指定名勝や国重要文化的景観地区に選定されています。
当日は、クラブツーリズムの御担当や横浜シティーガイド協会の嶋田昌子さんもご登壇されました。嶋田さんとは東京で合流。講演後は、棚田や稲荷山の町並みを見学、長野でそばを食べてから帰京しました。

千曲市で講演する米山
千曲市で講演する米山
記念のポスター
記念のポスター
日本遺産を地域活性化に生かした
町の事例
   
1.北前船寄港地と船主集落   2.サムライシルク(山形県鶴岡市)
宿根木(新潟県佐渡市)
復原された白山丸
宿根木(新潟県佐渡市)
復原された白山丸

河野(福井県南越前町)
船主の館右近家別邸から見た河野集落
河野(福井県南越前町)
船主の館右近家別邸から見た河野集落

松が岡開墾場所、刀を鍬に換えて
養蚕に取り組んだ庄内藩士
松が岡開墾場所、刀を鍬に換えて
養蚕に取り組んだ庄内藩士

3.飛騨の匠の町(岐阜県高山市)
4.木彫りの町(富山県南砺市井波町) 5.最初の一滴(和歌山県湯浅町)
匠の技で美しい町並みや屋台が花開く
匠の技で美しい町並みや屋台が花開く
蚕種業終焉後に伝統工芸の
木彫りで繁栄
蚕種業終焉後に伝統工芸の
木彫りで繁栄
油発祥の地に息づく町並み
金山寺味噌から生まれた醤油
油発祥の地に息づく町並み
金山寺味噌から生まれた醤油

・歴史を生かしたまちづくりセミナー「旧横浜市庁舎の歴史・文化的価値を探る!」を開催

 日 時:2020年12月5日(土)午後2時〜4時30分
 場 所:横浜市役所1階 市民協働推進センタースペース A・B
 講 演1「旧横浜市庁舎の設計者・村野藤吾が求めたもの」松隈 洋(京都工芸繊維大学教授)
 講 演2「旧横浜市庁舎の建築概要」吉田鋼市(横浜国立大学名誉教授・公益社団法人横浜歴史資産調査会副会長)
 話題提供 内田青蔵(神奈川大学教授・公益社団法人横浜歴史資産調査会社員)
 トークセッション
      松隈 洋、吉田鋼市、内田青蔵(コーディネーター)
 主 催 公益社団法人横浜歴史資産調査会、横浜市、公益社団法人日本建築家
     協会関東甲信越支部神奈川地域会(JIA神奈川)

当日はコロナ対策を施し、会場だけではなくリモートで配信する方法で行いました。松隈先生は京都からリモート参加、吉田先生と内田先生は会場参加の二重構造のセミナーとなりました。一般の参加者は、会場の関係から40名に制限させていただきまました。
松隈先生からは、村野藤吾が手掛けた各地の作品の紹介を通じて旧横浜市庁舎の設計コンセプトや文化論を語ってくださいました。吉田先生からは、旧横浜市庁舎の建物全体やディテールに秘められた意匠の魅力などからその存在価値を読み取ることの大切さをご披露いただきました。また、内田先生からは民主主義と市庁舎との視点から、市民に開かれた空間が生きている旧横浜市庁舎の素晴らしさをご教示いただきました。
私たちが愛してやまない旧横浜市庁舎の将来に亙る保存、活用に関して参加者一同、大いに参考になったシンポジュームでした。会の記録は、大切な資料として報告書にまとめて参ります。

司会の横浜歴史資産調査会
常務理事 米山淳一
司会の横浜歴史資産調査会
常務理事 米山淳一

開会挨拶をする
横浜歴史資産調査会副会長 吉田鋼市
(横浜国立大学名誉教授)
開会挨拶をする
横浜歴史資産調査会副会長 吉田鋼市
(横浜国立大学名誉教授)

リモートで講演する
松隈 洋氏
(京都工芸繊維大学教授)
リモートで講演する
松隈 洋氏
(京都工芸繊維大学教授)

講演2を担当する
横浜歴史資産調査会副会長 吉田鋼市
(横浜国立大学名誉教授)
講演2を担当する
横浜歴史資産調査会副会長 吉田鋼市
(横浜国立大学名誉教授)

話題提供横浜歴史資産調査会 内田青蔵(神奈川大学教授)
話題提供
横浜歴史資産調査会 内田青蔵
(神奈川大学教授)

トークセッション
現場の吉田鋼市、内田青蔵と
リモート参加の松隈 洋氏
トークセッション
現場の吉田鋼市、内田青蔵と
リモート参加の松隈 洋氏

会場とリモートでの参加者からの
質問に答える
会場とリモートでの参加者からの
質問に答える
村野藤吾展、槇文彦の案内をする
日本建築家協会関東甲信越支部
神奈川地域会代表 小泉雅生氏
村野藤吾展、槇文彦の案内をする
日本建築家協会関東甲信越支部
神奈川地域会代表 小泉雅生氏
今回のセミナーのまとめをする
横浜歴史資産調査会
常務理事 米山淳一
今回のセミナーのまとめをする
横浜歴史資産調査会
常務理事 米山淳一

閉会挨拶をする
横浜市都市整備局都市デザイン室長
梶山祐実氏
閉会挨拶をする
横浜市都市整備局都市デザイン室長
梶山祐実氏
松隈 洋氏資料1
『住む』2020年秋号
「松隈洋の近代建築課外授業」
松隈 洋氏資料1
『住む』2020年秋号
「松隈洋の近代建築課外授業」
松隈 洋氏資料2
『建築人』2020年12月号
「記憶の建築」
松隈 洋氏資料2
『建築人』2020年12月号
「記憶の建築」
吉田鋼市資料
「旧・横浜市庁舎の建築概要」
吉田鋼市資料
「旧・横浜市庁舎の建築概要」

内田青蔵資料
「公共建築の姿を具体化した
横浜市庁舎へのレクイエム」
内田青蔵資料
「公共建築の姿を具体化した
横浜市庁舎へのレクイエム」

プログラム
プログラム
チラシ表
チラシ表
チラシ裏
チラシ裏
     

ヨコハマヘリティジ・セミナー2020〜旧モーガン邸の新たな船出〜を開催しました

 日 時 2020年11月28日(土)13:30〜15:30
 場 所 藤沢商工会館ミナパーク3階会議室(藤沢市藤沢607-1藤沢駅から徒歩3分)
 内 容 趣旨説明
     旧モーガン邸再建計画調査報告について
     旧モーガン邸を守る会のこれまでとこれから
     シンポジウム『モーガン邸再建に向けて皆でエールを送ろう』
      コーディネーター:菅孝能氏
      パネリスト:渡辺剛治氏
            鈴木芙都子氏
            栗林恵美氏
            廣田邦夫氏
      総   括:後藤 治氏

2004年に2度の不審火により焼損した旧モーガン邸を、現在の所有者に代わって当公益社団が再建に取り組むスタートイベントとして11月28日(土)にシンポジウムを開催しました。(次第、配布資料は別添参照)
当日は、感染症対策のため定員を半分制限し、約60名の参加となりました。
趣旨説明から調査報告、シンポジウムへと順調に進み、「みんなで力を合わせて再建を」とのエールをいただき、お開きとなりました。
今後、再建に向けて藤沢市、旧モーガン邸を守る会と連携し、関連の事業や募金活動等を展開して参ります。
皆様におかれましても引き続き格別のご支援、ご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

会場は藤沢商工会館
ミナパーク3階会議室
密を避けるため定員を制限
会場は藤沢商工会館
ミナパーク3階会議室
密を避けるため定員を制限

司会は横浜歴史資産調査会
小沢朝江(東海大学教授)
司会は横浜歴史資産調査会
小沢朝江(東海大学教授)

開会挨拶をする
横浜歴史資産調査会副会長 吉田鋼市
(横浜国立大学名誉教授)
開会挨拶をする
横浜歴史資産調査会副会長 吉田鋼市
(横浜国立大学名誉教授)

ご挨拶をいただいた
藤沢市長 鈴木恒夫氏
ご挨拶をいただいた
藤沢市長 鈴木恒夫氏

趣旨説明をする
横浜歴史資産調査会
常務理事 米山淳一
趣旨説明をする
横浜歴史資産調査会
常務理事 米山淳一

旧モーガン邸再建計画調査報告
横浜歴史資産調蒼会理事 水沼淑子
旧モーガン邸再建計画調査報告
横浜歴史資産調蒼会理事 水沼淑子
旧モーガン邸を守る会のこれまで
とこれから 旧モーガン邸を守る会
会長 徳重淳子氏
旧モーガン邸を守る会のこれまで
とこれから 旧モーガン邸を守る会
会長 徳重淳子氏
シンポジウムのコーディネーター菅 孝能氏( ㈱山手総合計画研究所会長)
シンポジウムのコーディネーター
菅 孝能氏
( ㈱山手総合計画研究所会長)
パネリスト
小田原まちづくり応援団
渡辺剛治氏
パネリスト
小田原まちづくり応援団
渡辺剛治氏

パネリスト
ひらつか八幡山の洋館を活かす会
鈴木美都子氏
パネリスト
ひらつか八幡山の洋館を活かす会
鈴木美都子氏
パネリスト
(公財)横浜市緑の協会
栗林恵美氏
パネリスト
(公財)横浜市緑の協会
栗林恵美氏
パネリスト
湘南藤沢文化ネットワーク
廣田邦夫氏
パネリスト
湘南藤沢文化ネットワーク
廣田邦夫氏
総括として話しをする
工学院大学理事長
後藤 治氏
総括として話しをする
工学院大学理事長
後藤 治氏
閉会の挨拶をする
横浜歴史資産調査会 小沢朝江
閉会の挨拶をする
横浜歴史資産調査会 小沢朝江
ブックレットの販売や
募金して下さった方へ都橋商店街
の絵はがきを差し上げました
ブックレットの販売や
募金して下さった方へ都橋商店街
の絵はがきを差し上げました

チラシ表
チラシ表
チラシ裏
チラシ裏

パネリスト
(公財)横浜市緑の協会
栗林恵美氏
プログラム

パネリスト
(公財)横浜市緑の協会
栗林恵美氏
登壇者プロフィール
当日配られた資料
小田原邸園交流館 清閑亭
当日配られた資料
小田原邸園交流館 清閑亭
当日配られた資料
ひらつか八幡山の洋館
当日配られた資料
ひらつか八幡山の洋館
当日配られた資料
俣野別邸庭園
当日配られた資料
俣野別邸庭園
当日配られた資料
藤沢の歴史的建造物利活用 事例集
当日配られた資料
藤沢の歴史的建造物利活用 事例集
   

汎交通 2020年度 Ⅱ号(2020年9月30日)特集 鉄道遺産の保存と活用 (PDF)

巻頭座談会に日本鉄道保存協会顧問 菅建彦と事務局長 米山淳一が参加しました。
合わせて日本鉄道保存協会正会員団体の活動事例を6カ所紹介いたしました。

鉄道保存協会が横浜に移転「発祥の地でSLを」